週刊ビル経営にフォレストドームが掲載されました

週刊ビル経営2020年11月30日号は都会のビルの屋上の農業特集です。

ビルの屋上を野菜の生産場所として活用することに注目が集まっています。

記事の中では銀座のビルの屋上で米を栽培している事例も紹介されています。

北村事務所でも以前、ビルの屋上に屋上菜園を設計したことがありました。今ではその屋上菜園にフォレストドームを設置してカボチャやゴーヤなどの蔓ものを栽培するフレームとして活用しています。

また、菜園だけでなく、ちょっとした広場を設けてあるので、この屋上菜園で育てた野菜を使ってイベントを開催したりと、入居者同士の交流の場所にもなるよう考えました。

今後、屋上や空きスペースを農的な利用で有効活用するような事例が増えて行きそうな予感がします。

都会のビルの屋上菜園や屋上庭園などで、フォレストドームが活躍する風景を考えています。

週刊ビル経営2020,1130

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です