板橋区立エコポリスセンター

2018年8月1日(水)~12日(日)、板橋区立エコポリスセンターにてフォレストドームを展示いたしました。

夏休み特別企画展「とうきょうの森・いたばしの森展」として、五感で森を感じる企画展でした。

そのメインのアトラクションとして、フォレストドームが設置され、中にはハンモックを設置しました。東京産ヒノキのドームの中で木の温もりと香りを感じながらゆらゆらとリラックスした時を過ごせたのではないかと思います。

日曜日にはハンモック待ちの子供たちの行列ができ、一人1分と時間を区切ってのご利用となりました。

フォレストドームを製作する過程で生まれたフレーム材丸棒の端材を使ってφ65×h65のつみきを100個つくりました。こちらもヒノキの香りのするつみきとして人気で、子供たちが思い思いに遊んでいました。

他に展示コーナーではヒノキ材とスギ材の違いを比較できる見本材を展示していたり、ビデオやパネルでとうきょうの森・いたばしの森の紹介がありました。

この展示を通して木の良さを感じていただけたのではないでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です