親子で育む樹とみどりのフェスティバル@とねり

2018年5月27日(日)足立区の舎人公園にて「親子で育む樹とみどりのフェスティバル@とねり」が開催されました。

フォレストドームも、とうきょう森林産業研究会のブースにて参加しました。当日は晴天で絶好のイベント日和、大勢の人達が訪れました。

フォレストドームの展示はオープンな場所での展示であったので、今回は板壁の設置を1面のみとし、中にハンモックをするしてハンモック体験を出来るようにしました。設置する場所の状況に応じて板壁を自由に設置できるのが良いところです。それと太陽が十分に降り注ぐ状況なのでソーラーパフの充電パフォーマンスを行いました。

ハンモックは順番待でみなさんお行儀よく譲り合ってハンモック体験をしていました。地面が綺麗に刈り込まれた芝生であったので快適な環境で、イベント開催中はハンモックフル稼働していました。

会場の一角では東京チェンソーズによるツリークライミング体験が行われていました。この光景はけっこう絵になります。木陰の涼しい中で樹に触れる貴重な体験です。

こうしたイベント参加を通してフォレストドームが少しずつ浸透していっているのを感じています。

イベントに参加されたみなさま、お疲れさまでした。


↑開場前、準備が整いました。手前はつみ木でなく、つむ木。

↑芝生とフォレストドームは良く合います。

↑ソーラーパフの充電展示、6角形で隙間なく並べられます。

↑太陽の降り注ぐ広場とは一転、木陰の涼しい環境の中で樹と触れ合う。

↑親子で育む樹とみどりのフェスティバル@とねり、チラシ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です