東京の森と木と遊びのエキシビション2016・展示風景

2016年11月26日(土),27日(日)の2日間、立川の昭和記念公園にて「東京の森と木と遊びのエキシビション2016」が開催されました。

26日(土)は天気も良く、多くの人が訪れてくださり大盛況でした。27日(日)は降水確率80%の天気予報でしたが、時おり陽も出て開催期間中はなんとか持ちこたえてくれました。

今回のエキシビションは「とうきょう森林産業研究会」が主催し、研究会のメンバーとその他東京の森に関わりのある人達が集まり、お互いの活動を知り、交流を深めると共に、一般の市民の方にもその活動をアピールするという趣旨で開催しました。

なかなかこれらの人達が一堂に会する機会があまりないので、それぞれお互いを知り、繋がりをつくる良い機会だったのではないかと思います。

5年前に「東京の森と木のエキシビション」を開催しました。今回は少し範囲を広げ、「東京の森と木と遊びのエキシビション」と「遊び」を加えました。森林資源を木材として使うだけでなく、森林の環境自体を資源として、観光やエコツーリズム、また自転車のコースとして活用する活動にも光を当てました。

また、前回は、ほぼ研究会の会員のみで展示とワークショップのプログラムでしたが、今回は研修室を借りてミニセミナーを開催したり、飲食の販売があったり、子供のダンスパフォーマンスがあったりと多彩なプログラムとして企画しました。

それぞれの団体のパフォーマンスの相乗効果でにぎやかなエキシビションとなりました。

このエキシビションの企画、運営を通して、新しい出会いもあり、研究会の活動の方向性も明確になり、さらに嬉しいことに新しい仲間も加わり、今後の進展が楽しみになってきました。

東京の森と木と遊びのエキシビション2016・展示風景

いくつかの写真を紹介いたします。

↑とうきょう森林産業研究会のメイン商品、つむ木。

↑フジの森のクリスマスリースつくりワークショップ。場所を広げて開催中!

↑JUONの割り箸鉄砲つくりワークショップ。鹿住さん、指導中!

↑moreTreesさんからTSUMIKIを貸し出して頂き、研修室内で展示しました。建築家隈研吾さんデザインのつみきです。

↑フォレストドーム展示風景です。2日目、開場前の風景。手前のフレームは一辺L=1,200の小ドーム、これから色付きの板を貼ってゆきます。

↑Ogouchi Banban Companyの子供ダンスパフォーマンス。背景にはフォレストドームも写っています!

フォレストドーム組立て動画

展示風景【動画】11月26日
フォレストドーム組立の様子を撮影しようとしましたが、なかなか登場しません。後半になってやっと組立てられる様子が映ります。最後までご覧くださいませ。


展示風景【動画】11月27日
エキシビション2日目の様子です。1日目と別の場所を撮影しました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です