25本ドーム基本フレーム

dome25m*


25本ドーム基本フレーム構成材

25本ドームを組み立てるのに必要な材料は下記のものです。基礎は必要に応じてコンクリートブロックなどでつくります。

■部材リスト

*フレーム材L=1.800,φ65……25本

*リング6×50,sus……11個

*平金物……50枚

*ビス……100本

部材は以上になります。

フレーム材25本は全て同じ形状・長さです。

※接合部分は特許申請中


組み立て手順


1.土台の位置決めをします

土台の水平を確かめ、一般1.800mmの正五角形を描きます。このかたちがフレーム材の芯となります。組み上がりが立体的になりますので、土台の形状よりも外側に梁がくる部分があるので要注意です。


2.土台(5本)を配置します

フレーム材5本を土台として正5角形に配置し、各フレーム材をリング、平金物、ビスを使って接続してゆきます。


3.柱(10本)を設置します

土台の接続部分から2本づつ柱が付きます。3角形を順番に繋げてゆくように組立てます。土台のブロックで接合部を地面から浮かせ、ビスを取付けます。梁の接合部分は受け材などを用意し、位置を固定すると作業性が良いです。


4.梁(5本)を設置します

柱どうしを3角形になるようリング金物で接続してゆきます。柱の頂点を梁となるフレーム材で接続します。この時点では形状が不安定なので、ロープなどを使い形状を保ちながら作業するとよい。


5.母屋(5本)を設置します

最後に母屋となるフレーム材5本を固定すると完成! すべてが組み上がると全体の形状が安定します。


以上で基本フレームの完成です。

始めて組立てた頃は組立てに2人で2時間程かかっていましたが、現在は2人で1時間で組立てすることが出来ています。

フレームを組立てた後は、緑で覆うなり、屋根を付けるなり、壁を付けるなり、用途に応じて自由にアレンジして楽しみましょう!商品構成のページでいくつかの用途に応じた組み立て例を紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です